名古屋レンタカーを利用したいならば

名古屋に用事があり、レンタカーを借りようとする人も少なくありません。その場合には、名古屋レンタカーを利用すると良いです。名古屋レンタカーを利用する場合には、最低限いくつかのルールや基本的なことを知っておくと快適に利用することができます。そこで、名古屋でレンタカーを利用する場合にどのようなルールや知識が必要なのか見て行きます。

早めに予約をしておいた方が良い

名古屋でレンタカーを借りるときのルールの1つは、可能な限り早い段階で予約をしておいた方が良いことです。レンタカーといっても、それなりに台数は用意されています。しかし、時期によっては1週間以上前に申し込んでも既に埋まってており利用できないケースもあるでしょう。利用できたとしても、軽トラックなどの自動車しか残っていないケースもあります。もし名古屋市内を観光する場合であれば、軽トラックは不向きなため利用価値がほとんどありません。

基本的に、レンタカーの人気が集まる時期は、夏休みや正月休みなどの長期休みです。またゴールデンウィークなども予約を入れるのが難しいケースがあります。これらの時期には、観光客が多いため自動車が予約で埋まってしまうわけです。もし予約を入れるならば、2ヶ月以上前に入れておいた方が良いでしょう。場合によっては、2ヶ月前に予定が立っていないケースもあります。その場合には、1ヵ月前でも予約を入れる事は不可能ではありません。しかし、1ヵ月前だと車種を選ぶことができないケースが多いです。人気のある自動車のランクは、軽自動車と小型自動車です。逆に高級自動車等は人気がないため予約をすることもできますが、その分割高になってしまう事は頭に入れておくべきでしょう。

ランク別に料金が異なる

名古屋レンタカーでは、いくつかのランクがあり、ランク別にそれぞれ自動車が用意されています。1番安いランクは、軽自動車になるでしょう。軽自動車は、安いため人気があることから可能な限り早い段階で予約を入れた方が良いです。1日あたり、6000円程度で借りることができるところもあります。うまく利用すれば、4000円位で借りることも可能でしょう。ただし、時間制限があり4時間程度しか利用できない場合もあることから借りる場合は少し余裕を持ったプランにしておいた方が良いです。

軽自動車と同じく人気があるのは、小型自動車です。小型自動車は、4人乗りから5人乗りの自動車で、1,000CC程度しかありません。車体が小さい分たくさんの人を乗せることができませんが、3人から4人で旅行に行く場合には最適な大きさといえます。特に、名古屋以外の人が利用する場合には知らない道を走ることになり、この場合には小さな自動車の方が運転しやすいといえます。2000CCから3000CC位までのランクもありますが、1日あたりの貸し出し料金は1万円を超えることが多くなります。このランクはそこまで人気がないため、比較的借りやすいと言えるでしょう。

どのようなときに割高になりやすいか

レンタカーを利用するならば、格安で利用したいものです。逆に言えば、割高にならないように注意をしながら借りれば、無駄にお金を支払わずに済みます。そこで、割高になるパターンをいくつか見ていきます。1つは、決められた時間をオーバーしている場合です。例えば、24時間レンタカーを借りる場合、24時間を過ぎてしまった場合には追加料金が発生します。追加料金は、通常の料金よりも高く設定されているため可能な限り時間をすぎないように行動するしかありません。

あらかじめ、余裕を持って計画を立てるべきです。次に、オプションをつけると料金は高くなりがちです。一昔前は、カーナビゲーションがオプションになっていましたが、最近はカーナビゲーションが標準装備されているため、オプション扱いになるケースはほとんどありません。オプションになりやすいのは、例えばチャイルドシートです。チャイルドシートが無料のところもある一方で、有料扱いになっているところも多いでしょう。1日あたり500円程度の追加料金になっているところがほとんどです。後は、自動車に傷をつけてしまった場合には弁償しなければいけません。当然事前に保険には加入するものの、負担が全くないわけではなく大抵の場合10万円程度までは自己負担になります。
名古屋レンタカーを利用する場合には、早めに予約を入れておいた方が良いケースも多いです。特に繁忙期と言われている正月やゴールデンウィーク、あるいは夏休みの時期はレンタカーの予約が取れないことも多いです。ランク別に料金が分かれており、排気量が少ない自動車は料金が安い傾向にあります。また、オプションなどをつけた場合も料金が高くなるため、事前に確認をしておきましょう。