福祉車両をレンタカーで

都心部ではレンタカー産業が盛んにおこなわれていますが、福祉車両となれば田舎も都心部も関係ありません。福祉車両は購入費用が普通の車両に比べて格段に高く手の出しづらいものとなっているからです。特に田舎では高齢者の交通手段が少なく、福祉車両の需要は高まるばかりとなっています。田舎はひとり一台車を持っているような地域なのでレンタカー自体の需要は都心部より少ないということは事実ですが、購入のハードルが高い福祉車両はこのときだけ、ちょっと遠出したいときだけ、一時帰宅する高齢の家族の送り迎えだけ、といったご家族からの需要がとても大きいのです。

ですが田舎には先にも述べたようにレンタカーの会社自体が少ないのです。今後、高齢者社会になっていく日本で必要とされている分野であることは言い過ぎでありません。また、高齢者だけではなく身体に障害を持つ方やケガをした方など、一定の期間だけ福祉車両を使用したいという方は一定数おられますし、田舎でレンタカーの会社を営むのであればそういった面に力を入れるのも一つの手であると言えます。最近ではコンビニにも車いす車両専用の駐車場が当たり前にある世の中になってきています。

それは都心部、田舎関係なくそうなってきています。国全体で取り組んでいるからです。そうであるならば、レンタルできる車の種類も豊富になるべきといって過言ではないでしょう。オリンピックにむけてグローバル化が進む日本ですがそういった面でのバリアフリー化も進めていくことが今後の経済発展につながっていく一つの手となっているのです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.