課外活動でレンタカーの福祉車両を使う学生もいる

福祉の活動に取り組みたい学生は、レンタカーの福祉車両の利用契約を結ぶことが多々あります。業者は学生というだけで敬遠することはなくて、むしろ学割などレンタカーの福祉車両を使い始めやすいように配慮することさえしばしばです。幅広い世代がレンタカーの福祉車両を運転することによって、要介護者への対応能力を磨いて年上を敬ったり困っている人に手を差し伸べようとする気持ちを養わせるのが狙いです。結論から言ってしまえば業者が得られる利益は微々たるものですが、学生からしてみれば滅多に経験できない活動に勤しむことができて成長の糧になります。

活動の延長線上には身体が不自由な人の存在があるので、地域貢献にも一役買うというわけです。学生といえども責任を持った利用が大切なので、レンタカーの福祉車両を提供する人物は厳しく接してくる傾向があります。第一に口を開いて説明されることの筆頭は、燃料の容器を満たして返却するべき旨です。レンタカーの福祉車両も一般的なものと同じく燃料がなければ動きませんから、ほとんどの業者は容器を満たした状態で提供します。

原状回復の理念に従うならば、運転士終えて返却のために訪れる場所へ移動する折には燃料の補給を行うことが大切です。汚れが付着すれば洗い流したり道中で生じたゴミは綺麗に取り除くなど、他にも留意するべき内容は山ほどあります。親切にしてもらったならば、誠意を持った対応を心がける義務を全うしなくてはなりません。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.