福祉車両のレンタカーを借りる

足腰が弱くなってしまい車椅子を利用するようになっている方もいます。そのような方も時には外出の機会を持ちたいはずです。そのような時に福祉車両のレンタカーができるので、たとえ自宅に通常の乗用車があったとしても移乗や移動の負担を軽減するためにもぜひレンタルするようにしましょう。福祉車両には様々なタイプがありますから、介護を必要とする方の状態に応じてもっとも便利な車種をレンタルするといいでしょう。

車両の後部に車椅子のまま乗り込むことを前提にするのもいいでしょうし、後部座席やセカンドシートへの乗り降りのしやすい車種にするのもいいでしょう。外出の頻度が高いようなら、福祉車両の購入そのものを検討してもいいかもしれません。しかし利用頻度自体がそれほど高くない場合には、どうしても一般の乗用車よりも割高になりますから、必要な時にだけレンタルするようにするといいでしょう。介護の状態は日々変化してきます。

いったん福祉車両を購入してしまうと、その車を使い続けなければならなくなります。しかしレンタカーなら、その時々の状態に合わせて使い勝手のいい車種を選べるというメリットもあります。レンタカーなので、必要となる時だけの料金で、そのほかに維持費用が発生しません。常に外出するのではなく、時には外出の機会を持ちたいという場合には、福祉車両のレンタルはとても重宝するものとなってきます。

レンタカーは整備が行き届いているので安心して利用ができます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.