福祉車両のレンタカーと障害者割引

身体障害者や高齢者など、日常の移動に車いすを利用しているような人が、旅行のために自動車をみずから運転したり、あるいは同乗させて介助者が運転するという場合には、現地での車いすの乗り降りがスムーズにできるような、特別に改造された福祉車両があると便利です。こうした福祉車両がもし急に必要になった場合には、レンタカー会社のサービスを利用するという手段があります。これもふつうのレンタカーの場合と同様に、空き状況を確認した上で、希望する車種を予約して、当日には店頭で免許証などの身分証明となるものを提示するという流れになります。ただし、福祉車両の場合には、利用できる店舗が限定されていることが多い上に、台数がそれほど豊富にあるわけでもないので、かならずしも希望の期間や車種をレンタルすることができるとは限らないということがあります。

そのため、旅行などの予定日がきまったら、レンタカー会社にはやめに申し込みをするという心がけを忘れないようにすることがたいせつです。このような福祉車両のレンタカーについては、ふつうの車両とは違って、障害者割引の適用を受けて、通常料金よりも安い価格で借りることができる場合があります。たいていは身体障害者手帳か療育手帳、場所によっては愛の手帳とよばれるものを店頭で提示して、障害者であることを明らかにすれば、この割引の適用が受けられることになっていますので、かならず手帳は持参するようにしましょう。24時間のレンタカーのことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.