レンタカーの福祉車両を利用する時に注意すること

レンタカーの福祉車両を利用する時には、注意点がいくつかあります。まず初めてレンタカーの福祉車両を利用する時は、運転免許証と身分証明証明書の2つが必要になります。身分証明書として使えるのは、健康保険証、パスポート、社員証などがあります。住民票や納税証明書、住民票なども身分証明書として使えます。

運転免許証や身分証明書を持っていても、レンタカーの福祉車両を借りることができない場合があるので、注意しましょう。明らかに酒気を帯びていると分かるときや予約者と来店した人が異なる場合、レンタカーをまた貸しする場合などは借りることができません。過去のレンタル料を滞納している時なども借りることはできないので、注意しましょう。車両を予約した時間に店舗に行けない場合は、早めに連絡しましょう。

連絡が遅れたら、キャンセル料を支払わなければなりません。キャンセル料は会社によって異なっていますが、予約日の前日までにキャンセルした場合は、基本料金の30%を支払わなければならない会社があります。何らかの事情により、車両を延長して借りる必要が出てくることがあります。その場合は、できるだけ早く借りた会社に連絡しましょう。

その車両を次に借りる予定の人がいたら、貸し出しの延長ができないこともあるので注意が必要です。無断で借りるのを延長したら高額の違約金を払わなければなりません。逆に途中で返却する場合もあるかもしれません。その時も早めに連絡しましょう。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.